読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HHeLiBeXの日記 遊道編

日々の遊びに想いを込めて(タイムスリップあり(謎))

Kanon - コンプリート

そうこうしているうちに(謎)、十数年ぶりに全シナリオをコンプリート。

Kanon メモリアルエディション 全年齢対象版

Kanon メモリアルエディション 全年齢対象版

やはり久しぶりだっただけに、話の内容は全体的に殆ど忘れていたが‥
すべてのシナリオの中でも名雪シナリオとあゆシナリオは自分のなかではダントツでお気に入り。甲乙はつけられないが、何度でも読みたい。
シナリオ中では1ヶ月にも満たない時間しか経過していないはずなのに、ものすごい時間が経っているかのような錯覚に囚われる。それに加えて、7年前の別れの日の記憶というのがこの2人のシナリオにおいての重要なファクターとなっていて、時間的スケールの大きさが半端でない。そこに思いを馳せると感動を覚えずにはいられない。
何度でも読みたい。そうなんだけど、なかなかまとまった時間がなぁ‥orz

ここからは、ネタばれしながらの。



名雪

名雪シナリオでは、実は名雪はずっと主人公のことを想っている。のだが、そういうそぶりをあんまり見せない。時々、「思い出した?」という風に訊いてくるが、主人公は何のことなのか分からないままに話が進んでいく。

7年前の別れ際、想いを告げた名雪と、それを拒絶した主人公。そのことを主人公は思い出せない。その2人が再開して時を過ごすうちに、主人公が名雪への想いを募らせて告白する。「ずるいよ」といいながらも7年間抱いていた想いにウソはつけず…

そんな中で起きるできごとに、心底落ち込む名雪、そして自分(謎)。
そして‥

あゆ編

あゆは、7年前の冬休みに主人公が舞台となる街に遊びに来たときに知り合った関係。
出逢った当初、あゆは内気で全然しゃべらなかったけど、主人公と毎日遊ぶうちにだんだんと心を開いていく。
そして、7年ぶりの再会‥なのだが、いろいろとおかしい。そう思いながらも、一緒にすごすうち、だんだんと記憶を取り戻していく。
そしてあゆがいなくなり、主人公はすべてを思い出す。

あゆの探し物が見つかったとき、二人は再会を果たすが、そのときの最後のお願い「・・ボクのこと、忘れてください・・」を聞いたとき、本気で泣きそうになった。
もうこれでお別れなんだな、と‥
‥と思ったら、終盤のシナリオをまた読み返してた。